49インチのデジタルコクピット搭載、リンスピードが完全自動運転EVを公開予定…CES 2019

リンスピード・マイクロ スナップ
リンスピード・マイクロ スナップ全 3 枚写真をすべて見る

リンスピードは12月11日、米国ラスベガスで2019年1月に開催されるCES 2019で初公開予定のコンセプトカー、『マイクロ スナップ』(Rinspeed microSNAP)に最新のコネクティビティを搭載すると発表した。

CES 2019で初公開予定のマイクロ スナップは、1年前のCES 2018で発表した『スナップ』の発展形だ。スナップは未来の完全自動運転車を提案したEVコンセプトカーで、その最大の特徴は、シャシーからボディが脱着できる設計となっており、用途に合わせてボディを載せ替えられる点にある。例えば、荷物を運ぶなら商用トラックボディ、人が乗るなら乗用ボディなどがある。乗用ボディは、オフィスとして地面に置いて使うことも想定する。

マイクロ スナップは、スナップのコンセプトはそのままに、ボディサイズをルノーのシティコミューターEV、『トゥイジー』(全長2337mm、全幅1191mm、全高1461mm)と同等まで小型化した。これは、都市部の配送における「ラストマイル」の課題に対応するのが狙い。シャシーとボディをつなぎ合わせて同時に充電する新機能も採用する。

このマイクロ スナップには、最新のコネクティビティが搭載される。ダッシュボードの全面に渡って、49インチのLEDスクリーンが配置される。このデジタルコックピットは音声認識によって、乗員に自動的に適応することができるという。

また、マイクロ スナップでは、高速通信の5Gテレマティクスによって、ハーマンのクラウドプラットフォームに接続する。NXPのアンテナシステムが、ソフトウェアの無線アップデート、Car-2-X通信、インフォテインメントの安全な接続を追求している。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • リンスピード・マイクロ スナップ
  • リンスピード社の都市型モビリティコンセプト「Snap」
  • リンスピード スナップ
  • リンスピード・オアシス
  • メルセデスベンツ Eクラスクーペ 改良新型 スクープ写真
  • レクサス LCコンバーチブル コンセプト
  • マツダ NDロードスター チューニングキット
  • メルセデスベンツ SL 次世代型 テストミュール(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/12/12/317102.html/article/2018/12/12/317101.html/article/2018/12/12/317103.html