ボッシュがEVの新充電支援システム、航続を正確に予測し電欠回避へ…CES 2019

ボッシュのコンビニエンス・チャージング
ボッシュのコンビニエンス・チャージング全 1 枚写真をすべて見る

ボッシュ(Bosch)は12月13日、米国ラスベガスで2019年1月に開催されるCES 2019において、EVの充電を支援する新システム、「コンビニエンス・チャージング」を初公開すると発表した。

ボッシュのコンビニエンス・チャージングは、EVのバッテリーの残量がどれくらいもつか、どこで車両を充電するべきかをドライバーに知らせるシステムだ。ドライバーは、EVのバッテリー切れによる立ち往生を心配する必要がなくなる。

また、コンビニエンス・チャージングでは、現在のバッテリーの充電状態やヒーターとエアコンが消費しているエネルギー量といった車両情報を、渋滞予測や天気予報などの環境データに結び付け、EVの航続を正確に予測することができる。

さらに、コンビニエンス・チャージングは最適な充電ステーションを見つけ、それを事前に予約することもできる。標準化されたアクセスと支払いシステムのおかげで、充電はこれまで以上に簡単に行える、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ボッシュのクラウドベースの逆走警告システム
  • ボッシュの駐車支援システムのイメージ
  • ボッシュの自動運転EVコンセプトカー。AIを活用している
  • ボッシュの「eAxle」
  • ポルシェ 918スパイダー 後継モデル(予想イラスト)
  • メルセデスベンツ キャンピングカー 2020 Unity Rear Lounge Connect
  • アルファロメオ ステルヴィオ/クアドリフォリオ 改良新型スクープ写真
  • アウディ e-tron 派生モデル スクープ写真

ピックアップ