VWジャパン、8モデル/22グレードを1%値上げ 2019年1月より

VWポロ
VWポロ全 3 枚写真をすべて見る

フォルクスワーゲン グループ ジャパン(VGJ)は、2019年1月1日から、国内で販売するフォルクスワーゲン車の一部モデル/グレードを平均1.0%値上げすると発表した。

対象となるのは販売中の全14モデル、70グレードのうち約半分の8モデル、22グレード。『up!』『ポロ』『ゴルフオールトラック』『シャラン』の全グレードおよび、『ゴルフ』『ゴルフ ヴァリアント』『ゴルフ トゥーラン』『ティグアン』の一部グレードが値上がりとなる。

2019年に国内販売終了がアナウンスされている『ザ・ビートル』をはじめ、『e-ゴルフ』『パサート』『パサートヴァリアント』『パサートオールトラック』『アルテオン』は価格据え置きとなる。

新価格は「move up! 2ドア」が161万9000円(現価格159万9000円)、「ポロ TSIコンフォートライン」が232万0800円(同229万9000円)、「ゴルフGTI(DSG)」が409万9000円(同405万9000円)など。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • フォルクスワーゲン ID.4
  • フォルクスワーゲン・タオス のティザーイメージ
  • VW ゴルフ ヴァリアントTDI ハイラインマイスター。夕刻の薩摩半島南端を走行中。背後に見えるのは本土最南端の火山、開聞岳。
  • フォルクスワーゲン ゴルフ ヴァリアントTDI ハイライン。鹿児島の磯海水浴場にて。
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ