電動バスの導入を加速 国交省がガイドラインを策定

電動バスの特性
電動バスの特性全 4 枚写真をすべて見る

国土交通省は12月19日、地域交通のグリーン化を目指し、電動バスの導入をスムーズに進めるためのガイドラインを策定したと発表した。電動バスの導入検討から、導入後の検証を行うまで活用してもらう。

国土交通省では、地域交通のグリーン化に向け電動バス導入費用の一部を補助する「地域交通グリーン化事業」で計30台の導入を支援してきたが、今後も普及を加速させていく必要がある。このため「地域交通グリーン化事業効果検証・ベストプラクティス委員会」を設置した。委員会での検討結果を踏まえ、電動バスを導入するバス事業者の手引きとなるよう、導入の検討から運用開始までの手順、効果評価をまとめた「電動バス導入ガイドライン」を策定した。

ガイドラインには、電気バス、プラグインハイブリッドバス、燃料電池バスといった電気バスごとに性能や車両価格、航続距離、特徴、環境性能を掲載した。

また、電気バスは導入主体、導入路線、運行形態に応じて必要な車両、充電設備の性能が異なるため、導入検討から運行開始までには1年半程度の期間が必要など、計画的に導入を進めるための手順も掲載した。

導入効果を検証できるよう、電気バスのCO2排出削減量の算定方法を提示した。電動バスを導入した事業者の使用実態を踏まえ、導入効果、現状の課題、導入事例も掲載した。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • イメージ (AC)
  • イメージ (AC)
  • 大阪モノレール (AC)
  • イメージ (AC)
  • ポルシェ 918スパイダー 後継モデル(予想イラスト)
  • メルセデスベンツ キャンピングカー 2020 Unity Rear Lounge Connect
  • アルファロメオ ステルヴィオ/クアドリフォリオ 改良新型スクープ写真
  • アウディ e-tron 派生モデル スクープ写真

ピックアップ