ホンダ CB1100 シリーズ、足回りを熟成 2019年モデル発売へ

ホンダ CB1100(ダークネスブラックメタリック)
ホンダ CB1100(ダークネスブラックメタリック)全 9 枚写真をすべて見る

ホンダは、空冷DOHC直列4気筒エンジンを搭載する大型ロードスポーツモデル「CB1100」シリーズの熟成を図るとともにカラーリングを変更し、『CB1100EX』と『CB1100RS』は2019年1月11日より、『CB1100』は1月28日より発売する。

CB1100は、スムーズな減衰力特性で上質な乗り心地を実現するショーワ製SDBV(ショーワ・デュアル・ベンディング・バルブ)フロントフォークを採用したほか、燃料タンク容量を従来の14リットルから17リットルに拡大し、ゆとりの航続距離を実現。さらに、エンジンや前後フェンダー、ホイールなど、ブラックを基調としたカラーリングを採用し、各部の金属素材とのコントラストにより、伝統的な上質感を演出している。価格は123万1200円。

CB1100EXは、エンジン全体をシルバー塗装とし、主体色に深みのある質感のキャンディークロモスフィアレッドとパールホークスアイブルーの2色を採用するとともに、前後フェンダーとサイドカバーを主体色と同色とすることで統一感のあるカラーリングとしている。価格は133万8120円。

CB1100RSは、減衰力の調整機能付きリアサスペンションを採用し足回りの熟成を図り、走りの質を高めながら快適性を追求。カラーリングは重厚感のあるダークネスブラックメタリック、都会的で渋みのあるマットベータシルバーメタリック、落ち着きのある爽やかな印象のパールホークスアイブルーの3色を採用している。価格は137万8080円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/12/21/317398.html/article/2018/12/21/317397.html/article/2018/12/21/317399.html