ドゥカティにクールな特別モデル、『スクランブラー#Hashtag』が登場

スクランブラー#Hashtag(ハッシュタグ)
スクランブラー#Hashtag(ハッシュタグ)全 3 枚写真をすべて見る

ドゥカティジャパンは、ヨーロッパにてインターネット専用の販売車両として開発された『スクランブラー#Hashtag(ハッシュタグ)』を、2019年1月7日よりドゥカティジャパン・ネットワーク店において販売を開始する。

ベースとなるのは、スケートボードやサーフィン、ポップミュージックなどのヤングカルチャーにインスパイアされ、ポップアイコンとして親しまれている『スクランブラー Sixty2』。

普通自動二輪免許で乗れるドゥカティとしても人気の高いモデルだが、今回新たに発売されるスクランブラー#Hashtagは、ブラック・ナイト・カラーを全身にまとったクールでスタイリッシュなモデル。他にも、ハッシュタグ専用ロゴや、ブラックカラーのハンドルバーやデザートスレッド・シートの採用など特別感溢れるモデルに仕上がっている。

価格は(税込)89万9000円。

《松崎祐子》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ファンティック・キャバレロ スクランブラー500
  • カンナム・ライカー(Can-Am Ryker)
  • フィリピンでヤマハオーナーへのインタビューが実現。写真は『Sniper』ファンを自称するエドワード
  • マン・マシンが共用する服「Over」
  • カワサキW1(1966年)
  • ハーレーダビッドソン台場 店内
  • カワサキ W800ストリート
  • ヤマハ発動機とGogoroの協業第一弾、電動スクーター「EC-05」の一部(公式サイトより)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/12/21/317405.html/article/2018/12/21/317404.html/article/2018/12/21/317406.html