【ホンダ インサイト 新型】モーターに重希土類完全フリーネオジム磁石を採用

ホンダ・インサイト新型
ホンダ・インサイト新型全 3 枚写真をすべて見る

大同特殊鋼は12月26日、子会社のダイドー電子の重希土類完全フリーネオジム磁石が、新型ホンダ『インサイト』の2モーターハイブリッドシステム、「スポーツハイブリッドi-MMD」に採用された、と発表した。

大同特殊鋼、ダイドー電子、ホンダは2016年9月、ハイブリッド車用駆動モーターに適用可能な高耐熱性と高磁力を兼ね備えた重希土類完全フリー熱間加工ネオジム磁石を、世界で初めて実用化した。

ダイドー電子では、ネオジム磁石を一般的な製造工法の焼結工法ではなく、熱間加工法によって生産している。熱間加工法は、ナノレベルの結晶粒を高度に配向させることができる技術で、一般的な焼結磁石の10分の1程度の微細な結晶粒組織を得ることができ、より高い耐熱性が実現できるという。

この熱間加工法とホンダのモーター設計技術の進化によって、ハイブリッド車駆動モーター用に開発された重希土類完全フリー熱間加工磁石は2016年、ホンダ製1モーターハイブリッドシステム、「スポーツハイブリッド i-DCD」を搭載する小型ハイブリッド車に採用された。

ホンダ・インサイト新型ホンダ・インサイト新型

今回、新型ホンダ インサイトの駆動モーターにも、重希土類完全フリー熱間加工ネオジム磁石が搭載された。小型ハイブリッド車よりもさらに高トルク、高出力が求められる中型ハイブリッド車にも、この重希土類完全フリーネオジム磁石が拡大採用されたことになる。

《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ