GMに新社長が就任、電動化や自動運転推進のロイス上級副社長が昇格

GMのマーク・ロイス新社長
GMのマーク・ロイス新社長全 1 枚写真をすべて見る

GM(General Motors)は、マーク・ロイス上級副社長を社長に昇格させる人事を発表した。1月3日、新社長に就任している。

マーク・ロイス上級副社長は、GMのグローバル製品開発・購買・サプライチェーンを担当してきた。世界レベルのエンジニアリングを推進し、品質向上と新技術の市場投入までの時間を短縮するために、GMのグローバルな製品開発プロセスの変革を先導してきた。

また、ロイス上級副社長は、電気自動車の市場拡大と普及促進にも力を注いできた。同氏の主導の下、GMは今後2年間に、電気自動車や自動運転車のプログラムに割り当てる経営資源を2倍に増やしている。

GMのメアリー・バーラ会長兼CEOは、「マーク・ロイス氏は、GM車の開発をリードする重要な役割を果たしながら、将来の電動化や自動運転技術に備えて、GMを改革してきた」と述べている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • BASFが14回目となるGMのサプライヤー・オブ・ザ・イヤーを受賞
  • シボレー・ボルトEVに装着されたミシュラン『アプティス』プロトタイプ。
  • 左からJim Danahy氏(GM社)、Tom McMillen氏(GM社)、Brent Morgulec氏(BATO)、Fred Cusimano氏(BATO)、Greg Warden氏(GM社)
  • GMの新世代のデジタル車両プラットフォーム
  • ABT アウディ SQ2 チューニングカー
  • ポルシェ 911ターボ カブリオレ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ルノー メガーヌ 改良新型(スクープ写真)
  • アウディ RS5スポーツバック 改良新型(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/01/07/317690.html/article/2019/01/06/317689.html/article/2019/01/07/317691.html