【メルセデスAMG E53 新型試乗】新しい価値観は創造できたのか?…中村孝仁 | レスポンス(Response.jp)

【メルセデスAMG E53 新型試乗】新しい価値観は創造できたのか?…中村孝仁

これまでとは違うAMGの方向性

都会の道でその真価は発揮できない

豪快さよりも繊細さが際立つ

メルセデスAMG E53 4MATIC
メルセデスAMG E53 4MATIC全 20 枚写真をすべて見る

これまでとは違うAMGの方向性

「ふーん、そっち行っちゃうんだ」。新しい『AMG E53』に試乗して得た最初の印象である。そっちとはどっち?ナゾかけではないが、少なくともこれまでAMGが目指してきた方向性とは間違いなく違う。

AMGと言えば、泣く子も黙る高性能を主体とするブランド。その高性能ブランドが何となく今までとは違う方向に舵を切り始めた感がある。例えばボルボの「ポールスター」。これも元々はレースで鍛えた足や心臓を、市販モデルに移植して高性能モデルを作り上げるブランドだった。ところがポールスターは完全に180度方向を切り替えて、今度は電動車のブランドになるという。

そこまで極端ではないけれど、新しいAMG E53も、どちらかと言えばそちら方向。かつてAMGの各車に乗った時は、そのエンジンスイッチに手をかけて始動した瞬間に「ヴァオン!」というかなりけたたましい咆哮を奏でてエンジンが始動した。このエンジン始動の儀式、如何にも高性能車らしく、中にはこれはやり過ぎでしょ?というブランドもあるくらい。見栄を張るというか、威勢をつけるというか、初っ端のエンジン咆哮が、高性能車の代名詞のようになって来た節があった。それがAMG E53と来たら、大人しいもんである。冒頭「ふーん、そっち行っちゃうんだ」と評したのはまさにこの瞬間のことである。

都会の道でその真価は発揮できない


かいつまんで説明しよう。E53はAMG初の48V電動アシストを備えたマイルドハイブリッド仕様。エンジンは3リットル直6、これにスーパーチャージャーとターボチャージャーの助けを借りる。ということで賢明な読者は既にお気づきだろうが、上級『S450』に搭載されるパワーユニットと同じものだ。

といってもSと同じじゃAMGの名が廃るというもんで、パワー、トルクともに引き上げられていて、435ps、520Nmとなっている。マイルドハイブリッドと言ってもメルセデスのそれは、発進からエンジンが主役。同じマイルドハイブリッドでも、多くの日本メーカーのそれは、モーターで発進するケースが多いのだが、メルセデスは当然アイドリングストップはするものの、アクセルにペダルを乗せた瞬間にエンジンがかかって内燃機関の力で動き出す。モーターはあくまでアシストの黒子だ。

今回の試乗ルートは千葉県の浦安から首都高を通って東京の品川まで。正直言えばかなり食い足りなさを残すコース。おまけにヘビーレインと来ている。だから、100%全開を試す区間はなかった。つまりはAMGのAMGらしい本質はもしかしたら試せなかったのかもしれない。

だから、同じルートの逆、即ち往路で乗ってきた『S400d』と比較して、この種のルートで瞬間加速を試みると、パーシャルでのトルク感が強いディーゼルに軍配が上がってしまう。つまりAMGの本質は、てっぺん突き抜けるまでアクセルを踏み込んだ時に初めて、その速さやパフォーマンスを実感できるのかもしれず、その意味では都会の道はAMGには全くその真価を発揮できないルートともいえる。勿論、前車を追い越すべく刹那的にアクセルをグイッと踏み込めば、その片鱗は見せてくれるものの、食い足りなさを感じるのは必然というわけである。

豪快さよりも繊細さが際立つ


例によってダイナミックセレクトと呼ばれるモードセレクターが存在し、AMGの場合はそこにスポーツ+なるモードが存在する。実はスポーツモードに設定しても足の硬さを感じなかったので、あえてこのスポーツ+を選んでみた。多少硬くなった印象はあるものの、それでも通常走行時は至ってマイルドな乗り心地を示し、およそ高性能なモデルに乗っている印象がないほど。どうやらきっちり電子制御されていて必要に応じてその硬さを変えているらしい。だから普通に走れば普通に快適なサスペンションとなるわけだ。

寄り道して走っても50kmとない距離である。1時間の試乗時間はあっという間で、うーん、AMGに乗っていたんだよな…という印象であった。ただ、ヘビーレインの中というのに、走りの安定感は抜群で、これは4MATICの効果かもしれない。いずれにせよ、新時代の高性能車はやっぱり豪快さよりも繊細さの方向へ向かうのかな?というのがE53から得た印象であった。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア居住性:★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
おすすめ度:★★★★★

中村孝仁(なかむらたかひと)AJAJ会員
1952年生まれ、4歳にしてモーターマガジンの誌面を飾るクルマ好き。その後スーパーカーショップのバイトに始まり、ノバエンジニアリングの丁稚メカを経験し、その後ドイツでクルマ修行。1977年にジャーナリズム業界に入り、以来42年間、フリージャーナリストとして活動を続けている。 また、現在は企業向け運転講習の会社、ショーファデプト代表取締役も務める。

《中村 孝仁》

この記事の写真

/

ピックアップ