【スーパーフォーミュラ】3月のモースポフェス鈴鹿で新車「SF19」の全車デモ走行実施へ

2018年夏に富士スピードウェイで実施された、SF19導入に向けてのテストの模様。
2018年夏に富士スピードウェイで実施された、SF19導入に向けてのテストの模様。全 6 枚写真をすべて見る

3月2~3日に鈴鹿サーキットで開催される「モースポフェス2019」で、全日本スーパーフォーミュラ選手権(SF)に今季から導入される新型ワンメイクマシン「SF19」の全車デモ走行が実施されることとなった。

「モースポフェス2019 SUZUKA~モータースポーツファン感謝デー~」は、鈴鹿サーキットやツインリンクもてぎの運営会社であるモビリティランドと、ホンダ、トヨタの3社合同で実施されるファン感謝イベント。2019年のモータースポーツシーズン本格到来を告げるイベントで、入場は原則無料となっている。

そのモースポフェスに、今季からのSF実戦マシン「SF19」がホンダエンジン搭載車、トヨタエンジン搭載車ともに全車揃ってのデモ走行(デモレース)プログラム「SUPER FORMULA スーパーラップ」が組み込まれることが決まった(1月7日発表)。

昨年まで同時期に開催されていた鈴鹿ファン感謝デーでもSFのデモ走行(デモレース)プログラムは恒例となっていたが、今年は5年ぶりのワンメイクシャシー刷新年、一層の注目を集める“全車揃い踏み”となる(予定)。今季もSFには20台前後の台数が参戦すると見込まれており、壮観が期待される。

3月初旬には各陣営の新体制も固まっていると見られ、新シーズン仕様のカラーリングも多く見られるかもしれない。また、モースポフェス明けの3月4~5日にはそのまま鈴鹿で今季第1回の公式合同テストに突入、新たな戦いが本格化していく。

《遠藤俊幸》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 2日目のトップタイムをマークした#5 福住仁嶺(DANDELION)。
  • #64 パロウが初日のトップタイムをマーク。
  • 各陣営が新車「SF19」での走行を鈴鹿で開始した。
  • 今季のSFで全チームが使用することになる新型マシン「ダラーラSF19」。
  • ポルシェ 918スパイダー 後継モデル(予想イラスト)
  • メルセデスベンツ キャンピングカー 2020 Unity Rear Lounge Connect
  • アルファロメオ ステルヴィオ/クアドリフォリオ 改良新型スクープ写真
  • アウディ e-tron 派生モデル スクープ写真

ピックアップ