軽二輪車新車販売、ホンダが4年ぶりに首位奪還 2018年

ホンダ CBR250RR<ABS> グランプリレッド(ストライプ)
ホンダ CBR250RR<ABS> グランプリレッド(ストライプ)全 2 枚写真をすべて見る

全国軽自動車協会連合会は1月7日、2018年(1~12月)の軽二輪車新車販売台数(速報)を発表。前年比1.1%増の5万7225台となり、2年連続のプラス。2009年以降では最多を記録した。

メーカー別では、ホンダが同19.9%増の2万2492台、2年連続プラスで4年ぶりのトップとなった。ヤマハは同8.8%減の1万8387台で2年ぶりのマイナス。2位転落となった。

スズキは同1.6%増の7773台で2年連続プラス、カワサキが同18.3%減の5814台で5年連続マイナス。輸入車などのその他は同4.6%減の2759台で2年ぶりのマイナスとなった。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ハーレーダビッドソン台場 店内
  • カワサキ W800ストリート
  • ヤマハ発動機とGogoroの協業第一弾、電動スクーター「EC-05」の一部(公式サイトより)
  • チーム無限のマクギネス選手(マン島TT2019)
  • アーク・ベクター
  • 【トライアンフ ストリートトリプル RS 試乗】 レーサー直結のストリートファイター...サトウマキ
  • ヤマハ テネレ700(ライダー松井勉)
  • 第2回ニュートラル

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/01/08/317756.html/article/2019/01/08/317755.html/article/2019/01/08/317757.html