ヴァレオが最新の自動運転技術、VRで走行中の車内へ瞬間移動…CES 2019で発表予定

ヴァレオの「ボヤージュXR」を搭載したデモ車両
ヴァレオの「ボヤージュXR」を搭載したデモ車両全 4 枚写真をすべて見る

ヴァレオ(Valeo)は1月7日、米国ラスベガスで1月8日に開幕するCES 2019において、最新の自動運転技術を初公開すると発表した。

最新の自動運転技術のひとつが、ヴァレオ「Drive4Uリモート」だ。これは、何らかの手助けが必要な事態が起きた際に、自動運転車を遠隔操作できるシステムとなる。

また、ヴァレオ「ボヤージュXR」も最新の自動運転技術のひとつだ。これは、走行中の自動運転車の乗員の存在を、動かない場所で仮想的に再現できるテクノロジーとなる。ヴァレオによると、VR(仮想現実)ヘッドセットを装着した乗員が、走行中の車内へと「瞬間移動」できる新たなコミュニケーションの形になるという。

さらにヴァレオは、ヴァレオ「XtraVue トレーラー」とヴァレオ「ピクチャービームMonolithic」も初公開する。XtraVue トレーラーは、トレーラーやトレーラーハウスを牽引する車両のルームミラーに、トレーラーが映り込まないようにし、後方視界を確保する技術だ。

ピクチャービームMonolithicは、米国のLEDメーカーのCREE社との連携で開発した高精細なライティングシステムだ。路上を行き交う他の道路ユーザーを幻惑させることなく、ハイビーム環境を作れるだけでなく、路面に情報や画像を投影できる高精細な光を放つソリューションとなる。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 後方の牽引車両が透過して見えるヴァレオXtraVueトレーラー
  • エアフレームカーサイドタープ
  • ヴァレオの「スマートコクーン」
  • ヴァレオ(CES 2020)
  • BMW 4シリーズカブリオレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ