自動車アフターマーケット業界向け福利厚生代行サービス、ブロードリーフが販売受付を開始

BroadLeaf倶楽部VIP Service
BroadLeaf倶楽部VIP Service全 1 枚写真をすべて見る

ブロードリーフは、自動車アフターマーケット業界向け福利厚生代行サービス「BroadLeaf倶楽部VIP Service」の販売受付を1月15日より開始する。

現在、少子高齢化に伴う人材不足から、各企業における人材定着、労働力確保が大きな課題となっている。自動車アフターマーケット業界も同様、経営者は働きやすい労働環境を提供するための改善に取り組んでいるが、会社選びの検討材料の一つとして福利厚生に関心が高まる中、そのコスト負担や管理負担の大きさに導入を断念する企業も多い。

BroadLeaf倶楽部VIP Serviceは、企業規模にかかわらず、すべての従業員のニーズを満たす大企業並みの福利厚生代行サービス。余暇活動の充実から育児・介護を含む生活支援まで、幅広いサービスで従業員とその家族のあらゆる生活シーンをサポートし、従業員の満足度向上に貢献する。

同サービスでは、一般的な福利厚生サービスよりも割安な価格設定で各種優待サービスを提供。国内の宿泊施設、スポーツクラブ、エンターテインメント、レジャー、ライフサポートメニュー(自己啓発・育児・介護)など、全国20万か所以上の特別なプランを、会員本人および同居家族(配偶者、2親等まで)が利用できる。サービスの利用は、会員専用サイトにアクセスするだけ。最新のキャンペーン料金やメニューの紹介など、一般には紹介されていない情報も多数掲載。会員専用サイトのエリア指定やマップ機能を活用することで身近なサービスを把握できる。

事業者側のコストとなる入会金は3万円(初年度のみ)、月額料金(税別)は700円/人。サービス提供開始日は2月1日を予定している。導入は契約・入会手続きだけで完了。企業と担当者に負担をかけず、低コストかつ充実した福利厚生制度が構築できる。

ブロードリーフでは、事業規模にかかわらず、すべての従業員のニーズを満たす大企業並みの福利厚生代行サービスを提供することで、自動車アフターマーケット業界に従事する従業員の満足度向上による人材の定着、労働力確保に貢献するとともに、仕事に対するモチベーションやパフォーマンス向上による、さらなる業界の活性化を支援する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ブロードリーフの作業分析/業務最適化ソフトウェア「OTRS」のウェブサイト
  • 産業革新研究所が運営する「ものづくりドットコム」のウェブサイト
  • ブロードリーフ(Webサイト)
  • ブロードリーフ(Webサイト)
  • BMW M8クーペ CS テスト車両(スクープ写真)
  • EV最速をねらうテスラ モデルS の試作車(スクープ写真)
  • VW ゴルフ GTE 新型(スクープ写真)
  • ブガッティ シロン ロングテール プロトタイプ

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/01/09/317803.html/article/2019/01/09/317802.html/article/2019/01/09/317804.html