トヨタ、開発中の自動運転技術を他社に供与する意向…CES 2019

トヨタの新型自動運転実験車TRI-P4。レクサスLSがベース (c) Getty Images
トヨタの新型自動運転実験車TRI-P4。レクサスLSがベース (c) Getty Images全 5 枚写真をすべて見る

トヨタ自動車(Toyota)の米国部門は1月7日、米国ラスベガスで開催したCES 2019のプレビューイベントにおいて、開発中の自動運転技術を他社に供与する意向があることを明らかにした。

これは、CES 2019のプレスカンファレンスに登壇したトヨタ・リサーチ・インスティテュート(TRI)のギル・プラットCEOが明らかにしたものだ。同CEOは、「ガーディアンはトヨタの、もしくは他社製の自動運転システムを監視する手段として、追加できる。これは、ガーディアンのキーとなる能力だ」と述べた。

「ガーディアン」とは、TRIが開発している自動運転システムのひとつだ。人間の能力を置き換えるのではなく、増大させるという考え方で開発している。ガーディアンは、ドライバーが常に車両をコントロールすることが前提のシステムであり、事故が起こりそう、もしくは実際に事故が差し迫っている際に、ガーディアンがドライバーによる操作と協調させながら、正確な事故回避を実現することを目指す。

トヨタはこのガーディアンを、他社に供与する意向を表明した。プラットCEOは、「本来はトヨタの車だけでなく、路上のすべてのクルマがこうあってほしいと思う。ガーディアンforオールだ」と語っている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • メルセデスベンツ・ヴィジョン AVTR(CES 2020)
  • CESアジア(イメージ)
  • CES 2020でプレゼンテーションするトヨタ自動車の豊田社長
  • JVCケンウッドがかかげる2030年までの向こう10年間の企業ビジョン
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 4シリーズカブリオレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)

ピックアップ