新日鉄住金、次世代車両コンセプトを出展予定…オートモーティブワールド2019

新日鐵住金ブースのメインコンセプトは「使命。クルマの未来を、デザインする。」鉄を主体としたマルチマテリアル化などを提案する。
新日鐵住金ブースのメインコンセプトは「使命。クルマの未来を、デザインする。」鉄を主体としたマルチマテリアル化などを提案する。全 2 枚写真をすべて見る

新日鐵住金(以下、新日鉄住金)は、1月16日から18日まで東京ビッグサイトで開催される「第11回オートモーティブワールド」に、同社として初めて出展する。

同社は「EV・HEV駆動システム技術展」にて、「使命。クルマの未来を、デザインする。」をメインコンセプトに、素材としての鉄の提供にとどまらない、次世代自動車の開発そのものへの提案を展示する。具体的には、鉄を主体としたマルチマテリアル化を追求し、設計・加工も進化させた、未来のクルマに求められる総合的なソリューションを提案する。

ブースでは、電池、モーター、パワートレイン、パネル、骨格、シャシー、LCA(ライフサイクルアセスメント)など、各部品カテゴリー向けに製品・ソリューションを紹介。主に、二次電池用各素材、軽量バッテリーケース、モーターコア用高機能電磁鋼板、超軽量車体骨格向け 1470MPa 鋼板、2.0GPa ホットスタンプ用鋼板、鉄・チタンとのCFRP複合外板、トランスミッション・エンジン用高効率材料・ソリューションなどを出展する。さらに、それらを集約した次世代自動車の構造コンセプト「NSafe-オートコンセプト」を展示会に初出展する。

また、グループ会社の日鉄ケミカル&マテリアル、日鉄住金テックスエンジ、日鉄住金テクノロジーなども共同出展し、新日鉄住金グループ全体でソリューションを提案する。

《丹羽圭@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ボルグワーナー 副社長兼エミッションズ&サーマルシステムズ・アジア事業本部長のクリストファー・J・ランカー氏、副社長兼マーケティング・広報・政府渉外担当のスコット・D・ジレット氏、ボルグワーナー・モールスシステムズ・ジャパン代表取締役社長の三島邦彦氏(右から)
  • キャストが製造・販売する「パワーブレード」
  • パル技研の大型トラック専用巻き込み事故防止システム「SEES-1000」
  • UL Japan(オートモーティブワールド2019)
  • BMW 4シリーズクーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズグランクーペ プロトタイプ(スクープ写真)
  • トヨタ ヤリス 次期型 高性能モデル(スクープ写真)
  • メルセデス AMG GLB45 スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/01/10/317839.html/article/2019/01/10/317838.html/article/2019/01/10/317840.html