BMWの次世代EVをVRドライブ、自動運転中にテレビ会議参加も…CES 2019

BMW ヴィジョン iNEXT の仮想ドライブ(CES 2019)
BMW ヴィジョン iNEXT の仮想ドライブ(CES 2019)全 6 枚写真をすべて見る

BMWグループは1月8日、米国ラスベガスで開幕したCES 2019において、次世代のEVコンセプトカー、BMW『ヴィジョンiNEXT』(BMW Vision iNEXT)の仮想ドライブを実施した。

ヴィジョンiNEXTは、BMWグループが2021年から生産予定の新型EV、『iNEXT』を示唆するコンセプトカーだ。CES 2019ではひと足早く、次世代EVの乗車体験が最新のVR(バーチャル・リアリティ)テクノロジーで可能になった。

CES 2019の来場者はVRゴーグルを装着して、仮想ドライブに出発する。ヴィジョンiNEXTは、まずはドライバーが運転する「ブースト」モードで走行する。その後、自動運転モードに切り替わる。

自動運転モードでは、車内でテレビ会議に参加する。フロントガラスはテレビ会議のスクリーンとなり、会議資料はコントロールディスプレイ上で乗員が同時に見ることができる。

ヴィジョン iNEXTには「BMWインテリジェント・パーソナル・アシスタント」を搭載する。乗員は「ハイ、BMW」と呼びかけることにより、音声アシストが起動し、ドライバーが求めるさまざまな機能や情報に、安全にアクセスできる。CES 2019では、BMWインテリジェント・パーソナル・アシスタントの体験も行われている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • CESアジア(イメージ)
  • CES 2020でプレゼンテーションするトヨタ自動車の豊田社長
  • JVCケンウッドがかかげる2030年までの向こう10年間の企業ビジョン
  • プレスカンファレンスに登壇した代表取締役社長の仲井嘉浩氏(CES 2020)。
  • ブガッティ シロン 派生モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M4クーペ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ