ZFがマイクロソフトと提携拡大、デジタルサービス開発へ…CES 2019

ZF(イメージ)
ZF(イメージ)全 2 枚写真をすべて見る

ZFは1月8日、米国ラスベガスで開幕したCES 2019において、マイクロソフト(Microsoft)との提携を拡大し、デジタルサービスを開発すると発表した。

今回の提携拡大は、包括的なデジタルクラウドプラットフォームの構築が目的だ。このプラットフォームを通して、ZFは自動運転、車両の運動制御、統合安全および電動化分野のデジタルサービスを開発していく。

ZFは、乗用車と商用車の両分野において、交通事故による死者をなくし、ゼロエミッションも実現する「ビジョン・ゼロ」に向かって前進している。自動運転車や各種安全システム、インテリジェントモビリティソリューションのデジタル化が、交通事故と排ガスのない未来の道路交通の実現に欠かせないと、ZFは見ている。

これらのデジタル化は、マイクロソフトの「アジュール」(Azure)ベースのZFクラウドを、技術的なベースとしている。ZFとマイクロソフトの提携拡大は、これまでよりも顧客の要望に応じたソリューション開発を可能にする、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • CESアジア2019の公式サイト
  • 「自動運転見本市」と呼べる内容だったCES2019
  • ボーズサウンドを搭載した新型『Mazda3』
  • ZF ProAI RoboThink
  • ポルシェ 918スパイダー 後継モデル(予想イラスト)
  • メルセデスベンツ キャンピングカー 2020 Unity Rear Lounge Connect
  • アルファロメオ ステルヴィオ/クアドリフォリオ 改良新型スクープ写真
  • アウディ e-tron 派生モデル スクープ写真

ピックアップ