ホンダ、東京オートサロン2019でモータースポーツ体制発表…山本部長「ひとつでも多くの勝利をおさめる」

ホンダブース(東京オートサロン2019)
ホンダブース(東京オートサロン2019)全 8 枚写真をすべて見る

ホンダは1月11日に幕張メッセで開幕した東京オートサロン2019のプレスカンファレンスでモータースポーツ活動体制を発表した。ホンダの山本雅史モータースポーツ部部長は「ひとつでも多くの勝利をおさめ、多くのチャンピオンシップを獲得する」と抱負を語った。

山本部長は「昨シーズンは国内外で連覇や記録更新を果たすことができた。今シーズンは二輪の最高峰のMotoGPクラスでは過去3回のチャンピオンを獲得しているホルセ・ロレンソ選手をレプソルホンダチームに迎える」と紹介。

また「四輪のF1では信頼関係を築きともにポジティブに戦ってきたスクーデリアトロロッソに加え、新たにレッドブルレーシングとのパートナーシップをスタート。2チーム体制にて参戦し、勝利を目指していく」と述べた。

その上で「昨年に増して多くの期待がかかる今シーズンだが、チームホンダのミッションはシーズンを通してひとつでも多くの勝利をおさめ、多くのチャンピオンシップを獲得すること、そしてこのチャレンジを通じて、ファンのみなさまと感動と興奮を共有すること」と強調した。

東京オートサロン2019のホンダブースではF1のレッドブルトロロッソホンダ「STR13」やMotoGPクラスを制覇した「C213V」といったモータースポーツ参戦車両およびバイクを出展するとともに、2018年7月に発売した新型軽商用バン『N-VAN』のカスタマイズモデルを始め、『シビックタイプR MUGEN RC20GT』なども公開している。

東京オートサロンに関するニュースまとめ一覧

《小松哲也》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/01/11/317914.html/article/2019/01/11/317913.html/article/2019/01/11/317915.html