日産 ジューク がクローラーと相性いい理由…東京オートサロン2019

東京オートサロン2019 日産ブース
東京オートサロン2019 日産ブース全 10 枚写真をすべて見る

2019年1月11日、幕張メッセ(千葉県千葉市)で開幕した「東京オートサロン2019」において、日産自動車は、『ジューク』のカスタマイズコンセプトモデル「JUKE Personalization Adventure Concept」を出展した。

同コンセプトモデルは、その名の通りジュークをベースに4つのクローラーを履かせたモデル。クローラーを装着するためオーバーフェンダーに加工しており、サスペンションのストロークもアップ。実際に走行も可能だそうだ。そのほかボンネットから屋根にかけてマットブラックに仕上げられており、ミラーやクローラーの淵にあしらわれたグリーンのアクセントが存在感を主張。雪山に映えそうなスタイルだ。

日産のSUVには『エクストレイル』も存在するが、なぜジュークを改造ベースに選んだのか。それは走行性能にある。ジュークの4WDシステムはトルクベクトル機能がついた「インテリジェント4×4」というもので、これにクローラーを組み合わせれば走破製は格段にアップ。ジュークとクローラーは、まさにうってつけの組み合わせというわけだ。

また、ジュークには外装カラーや内装カラーなどを自由に組み合わせることができる「パーソナライゼーション」が採用されているのも、コンセプトモデルとして選ばれたポイント。もともとカスタマイズの要素があったジュークだけに、今回のスタイルも良く似合っている。

東京オートサロンに関するニュースまとめ一覧

《阿部哲也》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/01/11/317925.html/article/2019/01/11/317924.html/article/2019/01/11/317926.html