トウバー装着のサイクルキャリアやダンパーを展示した阿部商会ブース…東京オートサロン2019

阿部商会ブース(東京オートサロン2019)
阿部商会ブース(東京オートサロン2019)全 18 枚写真をすべて見る

THULE(スーリー)ブランドの取り扱いでお馴染みの阿部商会で見かけたスグレモノは、トウバーに装着するサイクルキャリア。

マツダ『CX-8』が純正用品として用意したこともあり、日本での認知度が一気にアップしたのがクルマの後部に取り付けるトウバー。このRVが普及しているアメリカやヨーロッパでは、トウバーにキャンピングトレーラーやボートトレーラー、バイクトレーラーなどを装着してロングバケーションを楽しむ人が多く存在する。阿部商会のブースで見かけたのはそんなトウバーに取り付けることができるサイクルキャリアだ。欧州規格の50mmボール(7ピンもしくは13ピン)のトウバーに取り付けるタイプで、写真のタイプは自転車2台が搭載可能。3台搭載モデルも用意されている。

THULE関係ではお馴染みのルーフボックスをはじめとしてルーフキャリアなども展示。高い品質を確認することが可能で、ショップとは異なるさまざまな情報も手に入れることができる。

また、阿部商会といえば有名な取り扱いアイテムがビルシュタインのダンパー。ビルシュタインのダンパーはスーリーとは異なる専門のブースが用意された。ビルシュタインのダンパーシリーズに新たに加わったのが、スズキ『ジムニー』用。今回のオートサロンではジムニー関連のパーツやデモカーが多く展示されたが、ビルシュタインのダンパーシリーズにもラインアップされたことは見逃せない出来事だ。

阿部商会ブース(東京オートサロン2019)阿部商会ブース(東京オートサロン2019)

阿部商会ではホイールも各種モデルが扱われていた。今回はスーリーブースとビルシュタインベース、そしてレムスブースにも阿部商会扱いのホイールを展示。スーリーブースに展示されたラグナフォージットは、フォージットの名が示すとおり、鍛造のホイール。細身のスポークがスポーティな印象でプレミアムモデルとのマッチングがかなりようさそうだ。

《諸星陽一》

【画像】トウバー装着のサイクルキャリアやダンパーを展示した阿部商会ブース…東京オートサロン2019(18枚)

ピックアップ

アクセスランキング

  1. メルセデスベンツ、PHEV開発終了へ...2020年代終わりにはMTも廃止に
  2. トヨタ クラウン 次期型、確定デザイン…FF? 4WD? SUV? 決着!!
  3. スバル レヴォーグ に新型 WRX ゆずりの2.4Lボクサー搭載か!? 10月登場の噂
  4. トヨタ、10月も国内14工場27ラインで延べ135日稼働停止へ
  5. スバル WRX 30年の歴史---新型は2022年発売[フォトヒストリー]
  6. 「ワンストップ型ETC」社会実験を実施へ 本町山中有料道路
  7. トヨタのミニバン、エスクァイア が生産終了…7年の歴史に幕 12月
  8. 交通事故多発交差点、全国ワースト10…大阪市内5か所がランクイン
  9. 水素カローラ出力アップ、タイムも飛躍的向上…スーパー耐久 第5戦
  10. 今週注目を集めた記事ランキング…1位はメルセデスベンツのコンパクトミニバン
ランキングをもっと見る