愛知製鋼と先進モビリティ、磁気マーカシステムなどを共同出展へ…オートモーティブワールド2019

愛知製鋼と先進モビリティのブースイメージ
愛知製鋼と先進モビリティのブースイメージ全 2 枚写真をすべて見る

愛知製鋼は1月16日から18日まで、東京ビッグサイトで開催される「第2回自動運転EXPO」(オートモーティブワールド2019の構成展)に、同社が出資している自動運転技術開発ベンチャーの先進モビリティと共同ブースで出展する。

今回は、超高感度磁気センサ「MIセンサ」を用いた自動運転支援技術「磁気マーカシステム」が使われたスマートシティのジオラマを展示する。また、IoT・ビッグデータ時代に対応するために新開発したRFIDタグ付の次世代磁気マーカなども展示する。

安全・安心な自動運転に貢献する磁気マーカシステムについて分かりやすく紹介するとしている。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 自動運転の技術実証に使われる営業用車両と同型の「日野ブルーリボンシティ」。
  • 愛知製鋼と先進モビリティの共同出展ブース(イメージ)
  • ANAなど6社による空港制限区域内でレベル3自動運転の実証実験中の小型バス
  • 実証実験で使用する自動運転バス Photos by ALL NIPPON AIRWAYS CO.,LTD.
  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Gクラス 4x4 スクエアード 後継モデルプロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ