VW パサート が アルテオン 風の表情に…デトロイトモーターショー2019

フォルクスワーゲン・パサート の2020年モデル(デトロイトモーターショー2019)
フォルクスワーゲン・パサート の2020年モデル(デトロイトモーターショー2019)全 10 枚写真をすべて見る

フォルクスワーゲンは1月14日、米国で開幕したデトロイトモーターショー2019において、『パサート』(Volkswagen Passat)の北米仕様の2020年モデルをワールドプレミアした。

2020年モデルでは、改良新型としては異例の外装デザインの一新を実施した。とくに、フロントグリルは大型のメッキデザインとなり、フォルクスワーゲンの4ドアクーペ、『アルテオン』を思わせる表情に変化している。ヘッドライトは、最新のLEDに改められた。

2020年モデルには、最新のコネクティビティを採用する。新デザインのタッチパネルディスプレイや、「SiriusXM」衛星ラジオ付きのMIBコンポジションメディアインフォテインメントシステムを標準装備する。スマートフォンと連携するApple「CarPlay」、グーグル「Android Auto」、「MirrorLink」に対応するフォルクスワーゲンの「Car-Net App-Connect」テクノロジーも標準だ。

2020年モデルには、最新の先進運転支援システム(ADAS)を導入した。全車に、前方衝突警告と自動緊急ブレーキの「フロントアシスト」を標準装備する。歩行者モニタリング、ブラインドスポットモニター、リアクロストラフィックアラートも装備された。アダプティブクルーズコントロール、レーンキーピングアシスト、パーキングステアリングアシスタントなどを設定している。

直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンターボ「TSI」エンジンは、最大出力174hpを発生する。最大トルクは28.6kgmに引き上げられた。トランスミッションは6速ATの「ティプトロニック」を組み合わせている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ