ヤマハのゴルフカートで完全自動運転を実現、開発用車両は公道走行も…オートモーティブワールド2019

マクニカのブースに展示された「アカデミックパックPRO」。ヤマハの電動カートをベースに自動運転が可能(オートモーティブワールド2019)
マクニカのブースに展示された「アカデミックパックPRO」。ヤマハの電動カートをベースに自動運転が可能(オートモーティブワールド2019)全 8 枚写真をすべて見る

ゴルフ場で見かける4人乗りカート。ほぼ、その形状を保ってはいるが、完全自動運転に対応した車両を展示していたのはマクニカ。車両は「アカデミックパックPRO」という。

このカートは、購入後、ほぼそのままで自動運転走行が可能なハードウェアが搭載されている。用途は、自動運転車両の開発や研究用。ヤマハの4人乗り電動カートを改造し、ルーフにティアフォーのAIパイロットを搭載する。実験機材やPCなどを置くためのテーブルが2つ増設される。雨天時の実験も可能なように車両側面と後方には、ビニール製の幌がついている。

ゴルフカートとの最大の違いは助手席正面の大型スクリーン。これは、AIパイロットのセンサー情報、カメラ画像、計測データなどを確認するためのものだ。AIパイロットは、360度LiDAR、カメラ、加速度センサーが内蔵された自動運転モジュール。OSとしてAutowearが搭載されている。

アカデミックパックPROの特徴は、公道を走るために必要な装備を持っているため、購入者が登録すれば軽自動車としてナンバーを取得できることだ。公道で走らることができるので、より現実的な開発や研究が可能だ。マクニカによれば「レベル3」までの自動運転車両の開発が可能だとする。

マクニカは、電動カートをベースとした実験開発車両だけでなく、センサー、プロセッサ、各種ソフトウェア技術など、自動運転に関するソリューションを多く持っている。もちろん、実車を使った自動運転デモカーも持っている。OEMやサプライヤー向けに自動運転、自動走行にかかわる製品、サービスを展開している。

アカデミックパックPROの販売は、オートモーティブワールドの展示に合わせて16日からスタートさせている。定価はまだ確定させていないが、限定30台を特別価格で1300万円からとするそうだ。

《中尾真二》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/01/17/318145.html/article/2019/01/17/318144.html/article/2019/01/17/318146.html