MINIに「60イヤーエディション」、ブランド誕生60周年記念車…2019年3月から世界展開へ

MINI 60イヤーエディション(緑)とMiniクラシック
MINI 60イヤーエディション(緑)とMiniクラシック全 10 枚写真をすべて見る

MINIは1月16日、「60イヤーエディション」(MINI 60 Years Edition)を3ドアと5ドアのハッチバックに設定すると発表した。

1959年の夏、オリジナルのクラシック『Mini』が発売された。2019年はブランド誕生60周年にあたることから、これを記念して設定されるのが、60イヤーエディションとなる。

ボディカラーには、ブリティッシュレーシンググリーンを用意した。ルーフとドアミラーカバーは、ボディカラーによって、ペッパーホワイトまたはブラック仕上げとなる。 専用の17インチアルミホイールを装備し、ボンネットには2本のストライプが添えられた。

60周年のロゴは、ボンネットストライプ、サイドウインカー、ドアシルフィニッシャー、フロントヘッドレスト、ステアリングホイールに配される。運転席のドアを開くと、足元に60周年のロゴがLEDで映し出される。レザー仕様のインテリアはダークマルーンが選択でき、スポーツシートやスポーツステアリングホイールが採用される。

また、ユニオンジャックデザインのLEDヘッドライト、LEDフォグランプ、ホワイトターンインジケーター、LEDリアライトなど装備した。なお、60イヤーエディションは2019年3月から、順次世界展開が図られる予定だ。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/01/18/318217.html/article/2019/01/18/318216.html/article/2019/01/18/318218.html