貸切バスにも福祉車両の導入基準を導入、バリアフリー法を改正へ

イメージ (AC)
イメージ (AC)全 1 枚写真をすべて見る

国土交通省は、移動等円滑化の促進に関する基本方針で、移動円滑化の目標が定められているノンステップバスの基準を定める告示の一部を改正する。

昨年5月に高齢者、障害者の移動円滑化を促進する法律が改正され、第2条第4号に規定する公共交通事業者に道路運送法による一般貸切旅客自動車運送事業者が追加された。これを受けて、移動円滑化の促進に関する基本方針を改正し、貸切バス車両の基準を定めることとする。

具体的には貸切バス車両におけるノンステップバス、リフト付きバス、スロープ付きバスの基準を乗合バスに準じて定めることとする。

1月17日からパブリックコメントを実施した後、4月1日に施行する予定。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 令和2年7月豪雨(7月5日、熊本県人吉市)
  • この年末年始から青函トンネルでの210km/h走行が始まる北海道新幹線。
  • 八丈島(イメージ)
  • イメージ
  • VW T7 PHEVプロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ