日産のファミリーセダンが雪上車に変身、大胆ワイドボディにクローラ装着

日産 Altima-te AWD
日産 Altima-te AWD全 9 枚写真をすべて見る

日産自動車は1月17日、カナダで開催されるモントリオールモーターショー2019において、『Altima-te AWD』を初公開すると発表した。

同車は、日産の北米市場における主力ミディアムセダン、『アルティマ』の新型をベースに、雪上での走破性を追求したワンオフモデルだ。車名の「Altima-te」には、アルティマとアルティメット(究極)の2つの意味が込められた。

Altima-te AWDでは、新型アルティマの四輪をすべて、クローラに取り換えた。前後フェンダーは大幅に拡幅されており、クローラをフェンダーに収めることに成功している。

フェンダーの拡幅はそれぞれ180mm行われ、全幅は360mm広がった。このワイドフェンダーが雪の巻き上げを減らし、ドライバーの視界を確保する効果を発揮するという。

また、車高は80mm引き上げられた。駆動方式は4WDだ。SUVやピックアップトラックがベースではなく、ファミリーセダンをベースにしたところに、日産の狙いがありそうだ。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ