多重衝突に対応するエアバッグ、2度目の衝突でも乗員を保護…ヒュンダイが開発

ヒュンダイのマルチコリジョンエアバッグシステム
ヒュンダイのマルチコリジョンエアバッグシステム全 3 枚写真をすべて見る

ヒュンダイモーター(現代自動車。以下、ヒュンダイ)グループは1月21日、「マルチコリジョンエアバッグシステム」を開発した、と発表した。世界初のエアバッグ、としている。

マルチコリジョンとは、多重衝突事故だ。米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)の調査によると、米国での10件の事故のうちの3件は、最初の衝突の後に車両が木や電柱、その他の車両に衝突する二次衝突を起こしていた。

ヒュンダイのマルチコリジョンエアバッグシステムは、多重衝突事故において、乗員を保護する目的で開発された。最初の衝突の時に、室内の乗員の姿勢や車両の動きを検知する。そして二次衝突の際に、エアバッグが効果的に展開できるようにするという。

ヒュンダイは将来、ヒュンダイとキアの市販モデルに、マルチコリジョンエアバッグシステムを搭載する予定、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ヒュンダイ エラントラTCR プロトタイプ(スクープ写真)
  • フォルシア(ロゴ)
  • ヴォクソール・コルサ
  • ヒュンダイ初の空飛ぶ車(模型。CES 2020)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 3シリーズ のEV版、市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ランドローバー ディスカバリー 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ タイカン・クロスツーリスモ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ