関空特急『はるか』もハローキティに…テーマは「和のもてなし」 1月29日から

「ハローキティはるか」の外観デザイン(上)とその側面(下)。外観デザインは、紺色をベースとした蝶や草花などをモチーフにしたものとなっている。
「ハローキティはるか」の外観デザイン(上)とその側面(下)。外観デザインは、紺色をベースとした蝶や草花などをモチーフにしたものとなっている。全 3 枚写真をすべて見る

JR西日本は1月22日、米原・京都~関西空港間の特急『はるか』用281系1編成にハローキティのラッピングを施した「ハローキティはるか」を1月29日から運行すると発表した。

JR西日本の列車では、2018年6月から山陽新幹線の500系『こだま』にハローキティのラッピングを施した「ハローキティ新幹線」を運行しているが、「ハローキティはるか」はそれに続くもの。

外観のデザインは、『はるか』が関西の玄関口である関西空港と古都・京都を結んでいることを意識して「和のもてなし」をテーマとしており、内装にも反映。JR西日本では「乗車中も、ハローキティ はるかの世界観をお楽しみいただけます」としている。

「ハローキティはるか」は、通常の『はるか』で運用されることになっており、今後は、共通のテーマでデザインが異なる第2弾、第3弾が計画中だという。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • かつてのキハ400・480形に使われていた宗谷線急行色となったキハ40 1747.
  • 9月11日の運行開始に際し、京都駅31番のりばで行なわれた『WEST EXPRESS 銀河』の出発式。
  • 東京・池袋駅(7月21日)
  • 上下各1本が減便される長崎本線の特急「かもめ」。
  • 七尾線へ投入される521系。輪島の漆塗りをイメージした茜色のラインカラーが入る。
  • 10月2日限りで消えるしなの鉄道115系S11編成のコカ・コーラ色。N12編成だったJR東日本時代の1987年にもコカ・コーラ色となっていた。
  • 終電繰上げ後の大阪駅は、0時15分発の大阪環状線京橋行きが最終列車に。現行より18分繰り上がる。
  • 8000系電車による特急『しおかぜ・いしづち』。10月1日からは『しおかぜ3・5・16・18号』が単独運転となるため、宇多津・多度津以西で併結される高松~松山間の『いしづち3・5・16・18号』は、高松~宇多津・多度津間の単独運転となる。

ピックアップ