カワサキ『Z250』、6年ぶりのフルモデルチェンジへ---「Sugomi」デザイン採用[動画]

カワサキZ250
カワサキZ250全 8 枚写真をすべて見る

カワサキモータースジャパンは、スーパーネイキッド『Z250』を6年ぶりにフルモデルチェンジし、2月15日より販売を開始する。

新型Z250は、Zシリーズ共通の「Sugomi」デザインを採用。アグレッシブかつ俊敏なイメージを強調している。

最高出力37psを発生する248ccパラレルツインエンジンを大幅に軽量化した新設計トレリスフレームに搭載。全回転域での出力向上を図るとともに、優れた安定性と軽快で自然なハンドリングを実現している。

また、大型モデルと同等のφ41mmフロントフォークや、Z1000と同径のφ310mmセミフローティングぺタルディスクを装備したフロントブレーキ、φ220mmのぺタルディスクとデュアルピストンキャリパーを装備したリヤブレーキなど、足回りも充実。そのほか、さらに軽い操作が可能になったニューアシスト&スリッパークラッチ、シャープな外観と優れた視認性を実現する新設計LEDヘッドライトなどを備える。

カラーは、キャンディカーディナルレッド×メタリックフラットスパークブラックとパールスターダストホワイト×メタリックスパークブラックの2色を設定。価格は59万7240円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/01/24/318393.html/article/2019/01/24/318392.html/article/2019/01/24/318394.html