光のバーを路面に投影、自動運転車の進路を歩行者に知らせる…ジャガー・ランドローバー[動画]

ジャガー・ランドローバーの自動運転車の進路を知らせる技術
ジャガー・ランドローバーの自動運転車の進路を知らせる技術全 2 枚写真をすべて見る

ジャガー・ランドローバー(Jaguar Land Rover)は1月24日、自動運転車が前方の道路に光のバーを投影して、歩行者に進行方向を知らせる技術を開発した、と発表した。

ジャガー・ランドローバーは、自動運転車と歩行者や自転車が、コミュニケーションできる技術の開発を進めている。例えば、ドライバーのいない完全自動運転車では、自動運転車の進路などの動きが、歩行者や自転車にとって、分かりづらいという問題が生じる。

この問題を解決するために開発されたのが、自動運転車が前方の道路に光のバーを投影して、歩行者に進行方向を知らせる技術だ。等間隔に並んだ光のバーを路面に映し出す。自動運転車が加速している時には、光のバーの間隔が長くなり、減速している時には、間隔が短くなる仕組みだ。

また、交差点などの手前では、光のバーが左右に扇形に動き、曲がる方向を示す。ジャガー・ランドローバーは、将来的には、この技術を応用して障害物を検出したり、歩行者と情報を共有したりすることを目指す。

ジャガー・ランドローバーは、この取り組みがアダプティブクルーズコントロール、ブラインドスポットアシスト、インテリジェントスピードリミッターなどの最新の先進運転支援システム(ADAS)の市販車への拡大採用につながる、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ジャガー・ランドローバーの車内ノイズ低減システム「アクティブ・ロードノイズ・キャンセレーション」
  • ジャガー I-PACE 改良新型
  • アクアフィル社のリサイクル素材「ECONYL」
  • ジャガー・ランドローバー(イメージ)
  • 日産 エクルグランド 次期型 予想CG
  • マクラーレンの新型ハイブリッド・スーパーカー(スクープ写真)
  • ポルシェ マカンEV 開発車両(スクープ写真)
  • BMW i4M プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV