スズキの世界生産台数、4.1%増の343万6589台で過去最高を更新 2018年

スズキ・ジムニー新型
スズキ・ジムニー新型全 4 枚写真をすべて見る

スズキは1月30日、2018年暦年(1~12月)の生産・国内販売・輸出実績(速報)を発表。世界生産台数は前年比4.1%増の343万6589台で過去最高を更新した。

国内生産は、国内向け乗用車の生産が増加し、同2.7%増の101万3916台と、2年連続のプラスとなった。海外生産はインドとパキスタンで過去最高を記録。同4.7%増の242万2673台と、4年連続で過去最高を更新、6年連続のプラスとなった。

国内販売は同7.3%増の71万4599台で、2年連続のプラスとなった。登録車は『クロスビー』の上乗せ、新型『ジムニーシエラ』等の増加により、同16.6%増の12万7728台。過去最高を記録した。軽自動車も『スペーシア』や新型『ジムニー』などが増加し、同5.5%増の58万6871台と2年連続で前年実績を上回った。

輸出は同6.2%減の19万3947台で2年ぶりのマイナス。中南米、欧州向け等が減少した。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • スズキ・スペーシア(2014年)
  • スズキ パレット(2008年)
  • スズキ・エスプレッソ
  • スズキ ハナレ
  • メルセデスAMG GLA45 開発車両(スクープ写真)
  • BMW 7シリーズEV(i7)開発車両スクープ写真
  • アウディ Q5 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 4シリーズクーペ 次期型プロトタイプ。写真は右ハンドル仕様だ(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/01/30/318604.html/article/2019/01/30/318603.html/article/2019/01/30/318605.html