VWグループ世界販売、1083万台で首位…ルノー日産三菱とトヨタ抑える 2018年

VWゴルフ
VWゴルフ全 3 枚写真をすべて見る

フォルクスワーゲングループ、ルノー日産三菱アライアンス、トヨタ自動車。3社の2018年の世界新車販売の結果がまとまり、フォルクスワーゲングループがルノー日産三菱アライアンスとトヨタを上回り、3年連続で世界首位に立った。

フォルクスワーゲングループの2018年の世界新車販売台数(アウディやセアト、シュコダなどを含む)は、過去最高の1083万4000台。前年比は0.9%増だった。

一方、ルノー日産三菱アライアンスが1月30日に発表した2018年の世界販売実績は、ルノーグループ、日産自動車、三菱自動車を含めた総販売台数が、1075万6875台。前年同期比は1.4%増だった。

また、トヨタ自動車が1月30日に発表した2018年の世界新車販売台数は、ダイハツや日野自動車を含めて、過去最高の1059万4000台。前年比は2%増だった。全販売台数1059万4000台のうち、トヨタ自動車単体では、過去最高の954万2000台を販売。前年同期比は1.7%増だった。

この結果、フォルクスワーゲングループが、ルノー日産三菱アライアンスにおよそ8万台の差をつけて、2018年の世界新車販売における首位に立った。フォルクスワーゲングループは、3年連続での首位となる。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • GTI Driving Experience(イメージ)
  • フォルクスワーゲン ID.3 のプロトタイプ
  • フォルクスワーゲン・パサート改良新型
  • フォルクスワーゲン ID.3と急速充電ステーションのイオニティ
  • ゲンバラによるオリジナルスーパーカーのティザーイメージ
  • アウディ RS4アバント 改良新型 スクープ写真
  • ヴァンデンブリンク・デザイン フェラーリ 612 スカリエッティ シューティングブレーク
  • メルセデスベンツ Eクラスクーペ 改良新型 スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/01/31/318614.html/article/2019/01/31/318613.html/article/2019/01/31/318615.html