観光型MaaS、アプリ「Izuko」で伊豆エリアをシームレスに…日本初 4月1日から実証実験

「Izuko」を通してチケットレス、ペーパーレス、キャッシュレスを実現する伊豆エリア観光型MaaSのイメージ。
「Izuko」を通してチケットレス、ペーパーレス、キャッシュレスを実現する伊豆エリア観光型MaaSのイメージ。全 3 枚写真をすべて見る

東京急行電鉄(東急)、JR東日本、ジェイアール東日本企画の3者は1月31日、日本初の観光型Mobility as a Service(MaaS、マース)の実証実験を4月1日から開始すると発表した。

国土交通省によると、MaaSとは「ICTを活用して交通をクラウド化し、公共交通か否か、またその運営主体にかかわらず、マイカー以外のすべての交通手段によるモビリティ(移動)を1つのサービスとしてとらえ、シームレスにつなぐ新たな『移動』の概念」とされており、利用者はスマートフォンなどのアプリを利用して交通手段やルートの検索、予約、運賃の決済を行ない、シームレスに交通機関を利用できる。

今回始まる実証実験では、JRグループが展開する「静岡ディスティネーションキャンペーン」に合わせて東伊豆や中伊豆エリアで行なわれ、日英2カ国語に対応した「Izuko」(イズコ)と呼ばれるアプリを利用する。

このアプリでは、伊豆急行(伊豆急)と伊豆箱根鉄道駿豆線、展開エリア内を運行している伊豆箱根バスと東海バスを検索でき、AIオンデマンド乗合交通やレンタサイクル、レンタカーの予約もできる(レンタカーとレンタサイクルはリンク経由で予約)。運賃の決済はキャッシュレスで、2種類のデジタルフリーパスや観光施設入場券の購入を通して行なう。

実施期間は4月1日から6月30日までと、9月1日から11月30日までの2期で、3者では、伊豆エリアに点在する観光拠点間のシームレスな移動や、Internet of Things(IoT、モノのインターネット)を活用しての交通・観光事業などの最適化、キャッシュレスや多言語対応の問題解決が期待されるとしている。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 現在、豊肥本線の大分側の折返し駅となっている阿蘇駅。7月21日からは約4年3か月ぶりに熊本側から列車がやってくる。
  • 8月10日を最後に引退するキハ48形「リゾートみのり」。
  • 九州全県に「感謝の輪」を描き、世界一の「わ」を目指すという『36ぷらす3』。「36」は九州を楽しむ35のエピソードに加えて「お客さま自身に“36番目のエピソード”を語っていただきたい」という想いを込めたものだという。これに「3」を加えた「39」をサンキューに掛け合わせ、感謝の輪を広げていくという。
  • 6月26日に静岡県庁の知事室で開かれた川勝知事(左)と金子社長(右)の面談の様子。この席で川勝知事は条例に基づく協定締結の可否により、ヤード準備工事の是非を判断すると述べた。
  • 通常は伊豆エリアで運行されている『THE ROYAL EXPRESS』
  • C12形蒸気機関車66号機が牽く『SLもおか』。
  • 北しなの線古間~黒姫間を走行する、しなの鉄道最古参のS6編成。軽井沢方からクモハ115-1002+モハ114-1003+クハ115-1002の3両編成で、写真は2両編成を増結した姿。
  • 武雄温泉駅で九州新幹線西九州ルートの説明を受ける赤羽大臣(手前)。

ピックアップ