観光型MaaS、アプリ「Izuko」で伊豆エリアをシームレスに…日本初 4月1日から実証実験

「Izuko」を通してチケットレス、ペーパーレス、キャッシュレスを実現する伊豆エリア観光型MaaSのイメージ。
「Izuko」を通してチケットレス、ペーパーレス、キャッシュレスを実現する伊豆エリア観光型MaaSのイメージ。全 3 枚写真をすべて見る

東京急行電鉄(東急)、JR東日本、ジェイアール東日本企画の3者は1月31日、日本初の観光型Mobility as a Service(MaaS、マース)の実証実験を4月1日から開始すると発表した。

国土交通省によると、MaaSとは「ICTを活用して交通をクラウド化し、公共交通か否か、またその運営主体にかかわらず、マイカー以外のすべての交通手段によるモビリティ(移動)を1つのサービスとしてとらえ、シームレスにつなぐ新たな『移動』の概念」とされており、利用者はスマートフォンなどのアプリを利用して交通手段やルートの検索、予約、運賃の決済を行ない、シームレスに交通機関を利用できる。

今回始まる実証実験では、JRグループが展開する「静岡ディスティネーションキャンペーン」に合わせて東伊豆や中伊豆エリアで行なわれ、日英2カ国語に対応した「Izuko」(イズコ)と呼ばれるアプリを利用する。

このアプリでは、伊豆急行(伊豆急)と伊豆箱根鉄道駿豆線、展開エリア内を運行している伊豆箱根バスと東海バスを検索でき、AIオンデマンド乗合交通やレンタサイクル、レンタカーの予約もできる(レンタカーとレンタサイクルはリンク経由で予約)。運賃の決済はキャッシュレスで、2種類のデジタルフリーパスや観光施設入場券の購入を通して行なう。

実施期間は4月1日から6月30日までと、9月1日から11月30日までの2期で、3者では、伊豆エリアに点在する観光拠点間のシームレスな移動や、Internet of Things(IoT、モノのインターネット)を活用しての交通・観光事業などの最適化、キャッシュレスや多言語対応の問題解決が期待されるとしている。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 建設中の九頭竜川橋梁。2019年6月。橋脚は県道部分と一体で整備されたため、新幹線のすぐ脇を自動車が通る珍しい橋となる。現在、県道の橋は左岸部分のみが着工されている。
  • 十三駅に停車中の阪急9000系電車。
  • 「瀬戸内マリンビュー」に代わって広島地区に投入される新観光列車の内外装イメージ。
  • 車両モニタリングシステムが導入されるJR貨物のEH800形電気機関車。
  • トンネル内での惨事を免れたJR九州の特急『かもめ』。
  • 新宿方面まで顔を見せることになったヨコハマネイビーブルーの相鉄12000系。
  • ドローンを使った鉄道施設点検実験の様子。
  • 副駅名称の設置イメージ。駅名標の下部に掲出する。

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/01/31/318650.html/article/2019/01/31/318649.html/article/2019/01/31/318651.html