フェラーリ世界販売10.2%増で新記録、日本はアジア太平洋で最量販市場に 2018年

フェラーリ812スーパーファスト
フェラーリ812スーパーファスト全 3 枚写真をすべて見る

フェラーリ(Ferrari)は1月31日、2018年の世界新車販売(出荷ベース)の結果を発表した。総販売台数は新記録となる9251台。前年比は10.2%増と2桁増を達成している。

車種別の2018年の販売実績では、V型12気筒ガソリンエンジン搭載車が、前年比19.1%増と牽引した。これは、『812スーパーファスト』の販売が好調な効果が大きい。

『488GTB』や『488スパイダー』など、V型8気筒ガソリンエンジンを積むモデルは、前年比7.3%増の販売実績だ。『488シリーズ』の高性能モデルの『488ピスタ』と、『ポルトフィーノ』の販売が好調だった。

市場別の2018年の販売実績では、欧州や中東、アフリカが、前年比13%増の4227台と伸びた。南北アメリカは、前年比7%増の3000台だ。中国(香港と台湾を含む)は、前年比13%増の695台と2桁の伸び。中国を除いたアジア太平洋地域は、前年比8%増の1329台を売り上げた。このうち日本は、アジア太平洋地域で最も多く、中国をも上回る767台を販売している。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • フェラーリSF90ストラダーレ日本導入
  • F1日本GP
  • フォードvsフェラーリ
  • フェラーリ458イタリア
  • ポルシェ 911ターボ カブリオレ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • 三菱 アウトランダー 次期型 予想CG
  • ベントレー ベンテイガ 改良新型(スクープ写真)
  • ダチア サンデロ 次期型 プロトタイプ スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/02/01/318684.html/article/2019/02/01/318683.html/article/2019/02/01/318685.html