アウディ「A1オールロード」登場へ、シリーズ初のFFか…エンジンスペックは?

アウディ A1 オールロード スクープ写真
アウディ A1 オールロード スクープ写真全 8 枚写真をすべて見る

アウディ最小のコンパクト・ハッチバック『A1』に、SUVテイストを付加したモデル『A1オールロード』が登場するという情報を掴んだ。その最新プロトタイプを、厳冬のスカンジナビアでカメラが捉えた。

豪雪の山中で捉えたプロトタイプは、次期型A1をベースとしたものだ。僅かにリフトアップされ、ワイドなホイールアーチ、広いサイドシルなどが確認できる。しかし、フロント&リアバンパーのデザインは完全に隠され、グリルやヘッドライトも市販型パーツと判断出来かねるため、ディテールは不明だ。

しかし最新情報も入手した。注目される前輪駆動「4WDクワトロ」システムの搭載の行方だが、現段階では高度なトラクションコントロールによる前輪駆動の可能性が高いという。実現すれば「オールロード」初のFFモデルとなる。これは4WDを持つ『Q2』とバッティングをさけるためだろう。

しかし、間違いなく4WDクワトロを搭載すると伝えるメディアもあり、断言はできない。またパワートレインには、最高出力200psを発揮する2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンのみ設定される可能性があることもわかった。

キャビン内には、最新世代のバーチャルコックピットを装備。10.25インチのデジタルインストルメントクラスタ、最大10.1インチのMMIインフォテインメント・タッチスクリーンの搭載も確実だろう。

ワールドプレミアは、2019年秋ごろと予想されており、販売価格は3万ユーロ(約375万円)程度と予想される。

◆話題の新型車を最速スクープ『Spyder7』
http://spyder7.com/

《Spyder7編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/02/03/318723.html/article/2019/02/03/318722.html/article/2019/02/03/318724.html