いすゞと日野のバス、出入り口のスロープで転倒するおそれ リコール

改善箇所
改善箇所全 1 枚写真をすべて見る

日野自動車といすゞ自動車は2月7日、バスの中扉出入口に設置してある反転式スロープ板に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは日野『レインボー』『ブルーリボン』『ブルーリボンハイブリッド』、いすゞ『エルガ』『エルガミオ』の5車種、届け出通称名で6車種。2015年10月12日~2018年8月7日に製造された3893台。

不具合はスロープ板の取っ手の部品寸法が不適切だったことが原因。取っ手を操作した際、取っ手が突出するものがあり、乗客がつまずいて転倒するおそれがある。

改善措置として、全車両、取っ手を良品に交換する。

不具合は2件発生、事故は起きていない。市場および他社からの情報により届け出た。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 米スーパーターボ・テクノロジー社の「スーパーターボ」
  • いすゞ フォワード
  • いすゞ エルフ
  • いすゞ自動車 決算説明会
  • ロールスロイス ゴースト 次期型 スクープ動画
  • ポルシェ 911タルガ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • トヨタ GRヤリス プロトタイプ スクープ写真
  • VW ティグアンR スクープ写真

ピックアップ