ビジネスナビタイム動態管理ソリューション、車両の動態から温度情報までを一括管理

イメージ (AC)
イメージ (AC)全 2 枚写真をすべて見る

ナビタイムジャパンは、「ビジネスナビタイム動態管理ソリューション」の機能を向上。温度センサーとの連携により、動態管理システム上で、車両の動態から温度情報まで一括管理が可能になった。

これまで、配送の際の温度管理について「動態管理と同時に温度管理もできないか」「荷主とドライバーが同じシステムで温度管理ができる状態にしたい」「倉庫を出発してから納品するまでに定温管理できているか、より正確に把握したい」などといった声が寄せられていた。また、ナビタイムジャパンでは、近年、トラック等の商用車のIoT化に伴い、各種センサーやドライブレコーダーなどの業務用機器の情報を、スマートフォンを介して、クラウド上で一元管理できるプラットフォームを構築している。

今回、スマートフォンを活用したクラウド動態管理と温度情報を連携することで、位置情報を組み合わせた温度管理が可能となり、いつ、どこで、どんな作業を行っているときに温度変化を検知したか、より詳細な温度管理が可能となった。

具体的には、配送中の荷物に設置した温度センサーから収集したデータをビジネスナビタイム動態管理ソリューションに送信。管理者画面(PC)と作業者画面(スマートフォン)に、温度変化をグラフで表示したり、異常値を検出した場合にアラートで通知することができる。温度センサーは、登録台数に上限がないため、複数の車両に設置した温度情報を一元管理できる。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • バスNAVITIME 到着予測時刻機能
  • ビジネスナビタイム動態管理ソリューション、スマートフォンを活用した電子サイン機能
  • 犬吠埼
  • NAVITIME API 提供イメージ
  • ポルシェ 911ターボ カブリオレ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ルノー メガーヌ 改良新型(スクープ写真)
  • アウディ RS5スポーツバック 改良新型(スクープ写真)
  • BMW 5シリーズツーリング 改良新型(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/02/12/319002.html/article/2019/02/12/319001.html/article/2019/02/12/319003.html