MINI最強の「JCW GP」、300馬力ターボ搭載…2020年に世界限定3000台を市販へ

MINI ジョンクーパーワークスGP のティザー
MINI ジョンクーパーワークスGP のティザー全 7 枚写真をすべて見る

MINIは2月13日、『MINIジョンクーパーワークス(JCW)GP』(MINI John Cooper Works GP)を2020年、世界限定3000台で市販すると発表した。

同車は2017年9月、ドイツで開催されたフランクフルトモーターショー2017で初公開された『MINIジョンクーパーワークスGPコンセプト』の市販版。オリジナルの『Miniクーパー』は、1964年、1965年、1967年の3回、モンテカルロラリーで総合優勝を成し遂げた。ジョンクーパーワークスGPコンセプトは、およそ50年前のモンテカルロラリーでの伝説的な勝利にインスパイアされたデザインスタディモデルだ。

ベース車両はMINIの「ハッチバック」だ。前後の大型バンパー、サイドスカート、大型ルーフスポイラーが迫力のフォルムを作り出す。素材にはカーボンファイバーを使用し、重量増を最低限に抑えた。ロールケージが装着された室内は、最新のコネクティビティを導入する。デジタルインストルメントクラスターとヘッドアップディスプレイが、状況に応じて適切な情報をドライバーに届ける。MINIならではの丸型デザインのセンター大型ディスプレイは、タッチパネル方式で、各部のデジタル調整を可能にしている。

MINIは今回、ジョンクーパーワークスGPを2020年、世界限定3000台で市販すると発表した。また、パワートレインに関しては、MINIの「TwinPower Turbo」技術を導入し、最大出力は300hp以上を獲得するという。

MINIは、ジョンクーパーワークスGPがMINI史上、最速かつ最強のモデルになる、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • MINI クーパーS E
  • MINI ジョンクーパーワークス GP 新型のプロトタイプ
  • MINI ジョンクーパーワークス GP 新型のプロトタイプ
  • MINI クーパー S E のティザーイメージ
  • トヨタ ヤリス 次期型 高性能モデル(スクープ写真)
  • メルセデス AMG GLB45 スクープ写真
  • シボレー カマロ 現行型
  • ダチア ドッカー 次期型 スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/02/14/319117.html/article/2019/02/14/319116.html/article/2019/02/14/319118.html