ホンダの新型EVプロトタイプ、デジタルコクピット採用…ジュネーブモーターショー2019

ホンダの新型EVプロトタイプのインテリア
ホンダの新型EVプロトタイプのインテリア全 5 枚写真をすべて見る

ホンダ(Honda)の欧州部門は2月13日、スイスで3月に開催されるジュネーブモーターショー2019においてワールドプレミアする新型EVプロトタイプのインテリアを公開した。

ホンダは2017年秋、ドイツで開催されたフランクフルトモーターショー2017において、『アーバンEVコンセプト』をワールドプレミアした。ジュネーブモーターショー2019で初公開される新型EVのプロトタイプは、アーバンEVコンセプトの市販モデルを示唆した1台となる。

新型EVプロトタイプのインテリアは、デジタルコクピットとなっているのが特徴。ダッシュボードのほぼ全面に、デジタルスクリーンが配置される。

ホンダによると、このデジタルコクピットのユーザーインターフェースは、すっきりとしたデザインと直感的な操作性を備えているという。なお、新型EVの市販モデルは、2019年内に発売される予定だ。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ホンダアクセス KACHATTO-WAGON(東京オートサロン2020)
  • ホンダアクセス N-WGN ROAD SIDE concept(東京オートサロン2020)
  • ホンダN-ONEカフェレーサーコンセプト(東京オートサロン2020)
  • ホンダ・シビック・サイバーナイト・ジャパン・クルーザー2020(東京オートサロン2020)
  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Gクラス 4x4 スクエアード 後継モデルプロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ