日産、エルグランド e51系など8万台をリコール 燃料計に不具合

日産エルグランド(2004年)
日産エルグランド(2004年)全 2 枚写真をすべて見る

日産自動車は2月14日、『エルグランド』と『シビリアン』の燃料計に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは、2004年7月30日~2007年10月9日に製造された8万0141台。

燃料計回路が不適切なため、回路内の抵抗素子の発熱や計器内の照明などの熱により、メータ内の基板が熱膨張を繰り返し、回路が断線することがある。そのため、燃料計の指示値が高くなり、燃料がなくなったことに気づかず、最悪の場合、走行不能となるおそれがある。

改善措置として、全車両、燃料計回路に補助回路を追加またはメータ一式を交換する。

不具合は57件発生、事故は起きていない。市場からの情報および国土交通省からの指摘により届け出た。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 日産・エルグランド(2014年)
  • 衝突被害軽減ブレーキの性能認定(AEBS)ロゴ
  • 日産エルグランド現行型
  • JUKE Personalization Adventure Concept
  • トヨタ ハリアー 新型 予想CG
  • BMW M8クーペ CS テスト車両(スクープ写真)
  • EV最速をねらうテスラ モデルS の試作車(スクープ写真)
  • VW ゴルフ GTE 新型(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/02/14/319124.html/article/2019/02/14/319123.html/article/2019/02/14/319125.html