三菱 アウトランダー、最も維持費の安い中型SUVに認定…米『ケリー・ブルー・ブック』

三菱 アウトランダーの2019年モデル
三菱 アウトランダーの2019年モデル全 3 枚写真をすべて見る

三菱自動車の米国法人、三菱モータースノースアメリカは2月12日、『アウトランダー』(Mitsubishi Outlander)の2019年モデルが、『ケリー・ブルー・ブック』の調査において、「5年間の維持費が最も安い中型3列シートSUV」に認定された、と発表した。

『ケリー・ブルー・ブック』は、米国の有力自動車総合サイトだ。とくに、米国の中古車相場情報の提供に関しては、豊富なノウハウを持つ。

その『ケリー・ブルー・ブック』がアウトランダーの2019年モデルを、5年間の維持費が最も安い中型3列シートSUVに認定した。この調査は、燃費や保険料、整備費用、新車登録から5年後の残存価値などから、所有コストを算出する。

アウトランダーの2019年モデルでは、フロントグリル、前後のスキッドプレート、アルミホイールのデザインを変更。ヘッドライト内部のデザインも見直された。サスペンションやステアリングの設定も再チューニングされ、さらなる乗り心地を追求している。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 三菱 アウトランダーPHEV
  • 三菱 アウトランダーPHEV
  • 三菱 アウトランダー PHEVの2020年モデル(英国仕様)
  • 2018年式 アウトランダーPHEV
  • アウディ Q5スポーツバック プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ゴルフオールトラック 新型(上)とゴルフヴァリアント 新型(下)のプロトタイプ
  • ブガッティ シロン 派生モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M4クーペ 新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ