テスラ モデル3に「愛犬モード」採用[動画]

テスラ・モデル3に採用された「ドッグモード」
テスラ・モデル3に採用された「ドッグモード」全 3 枚写真をすべて見る

テスラは、新型EVセダンの『モデル3』(Tesla Model 3)に最新のアップデートを米国市場で行い、「ドッグモード」を採用した。

ドッグモードはユーザーの要望を受けて、テスラのイーロン・マスクCEOが実用化したもの。ドッグモードは犬を乗せてテスラ車で外出したオーナーが、犬を車内に置いて、車から少しの時間、離れる場合に有効なモードだ。

ドッグモードを選んで、車内の温度を設定すれば、車内の温度が上昇または下がり過ぎないように、空調を自動コントロールして設定した温度を保つ。また、車両のバッテリーの残量が少なくなると、オーナーのスマートフォンアプリに通知する。

さらに、犬を心配して車内を覗き込む人に向けて、車載ディスプレイには車内の温度を表示。「オーナーはすぐに車に戻ってきます。心配しないで」とのメッセージも表示される。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • テスラ モデル3 ロングレンジデュアルモーター(日本未投入グレード)
  • テスラ・モデル3
  • テスラ・モデル3
  • テスラ・モデル3
  • ポルシェ 911 GT3 ツーリングパッケージ スクープ写真
  • シボレー ブレイザー ロングバージョン「XL」プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q3 PHEV 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • ホンダ フィット 新型に設定されるクロスオーバーSUV仕様の予想CG

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/02/18/319223.html/article/2019/02/18/319222.html/article/2019/02/18/319224.html