タクシー定額乗り放題サービス、観光客向けに 篠山市で実証実験へ

篠山城鉄門跡と復元大書院 (AC)
篠山城鉄門跡と復元大書院 (AC)全 5 枚写真をすべて見る

西日本旅客鉄道(JR西日本)、電脳交通、日本交通と篠山市は2月15日、地域の観光利便性向上を図る新たな2次交通サービスを検討するため、兵庫県篠山地区で観光客向けタクシー乗り放題サービスの実証実験を実施すると発表した。

実証実験は篠山エリアへの旅行者を対象に、パスポート(タクシー乗り放題利用券)を定額で販売する。購入者はパスポートを提示することで、篠山口駅と篠山市内の指定観光施設相互間を何度でも乗り放題(利用時間は10時から19時まで)となる。期間3月9日から3月17日まで。

タクシーの呼び出しは、購入したパスポートに記載のQRコードからウェブサイトにアクセスし、行き先や配車時間を入力するとタクシーを呼び出せる配車方法を採用する。配車方法などは、電脳交通がシステムやインフラなどを構築する。

実証実験を通して、車を使用しなければ周遊しづらかった観光地で、鉄道とタクシーを使用した新たな周遊移動手段を提供し、地域における周遊観光発展の可能性を検証すいる。

パスポートの料金あ1組5000円(消費税込み)で、1日5組に販売する。。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 瀬戸内海の「青」と海岸線から見える波の「白」をイメージしたツートンカラーとなる「etSETOra」の外観イメージ。エトセトラの「エト」を読み替えた「えっと」が広島弁で「たくさんの」「多くの」を意味することから、列車名は「『えっと』瀬戸の魅力を感じてほしい」という意味も込められているという。
  • パンダくろしお「サステナブル Smileトレイン」のデザイン。車両をつなぐリボンは「世界をつなぐパートナーシップであり、また世代をつなぐバトン」を表現したもの。
  • SL「やまぐち」号は所定ではD51 200が牽引するが、8月1日からの運転ではC57 1(手前)を充当する予定。
  • 飛騨川沿いの高山本線を走る特急『(ワイドビュー)ひだ』。7月8日は始発から運休している。
  • ベントレー フライングスパー PHEV 開発車両(スクープ写真)
  • アウディ Q5スポーツバック プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ゴルフオールトラック 新型(上)とゴルフヴァリアント 新型(下)のプロトタイプ
  • ブガッティ シロン 派生モデルプロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ