トヨタ スープラ 新型量産仕様が国内デビュー…大阪オートメッセ2019[詳細画像]

トヨタ・スープラ新型(大阪オートメッセ2019)
トヨタ・スープラ新型(大阪オートメッセ2019)全 30 枚写真をすべて見る

トヨタ自動車は大阪オートメッセ2019(2月9~11日、インテックス大阪)に、直前のデトロイトモーターショー2019で世界初披露されたばかりの新型『スープラ』を持ち込んだ。量産仕様の展示および車内公開は日本国内では初めてだ。

新型スープラは、TOYOTA GAZOO Racingが展開するスポーツカーシリーズ「GR」初のグローバルモデルだ。日本での発売は2019年春頃を予定している。

インテックス大阪に展示されたのは「RZ」仕様、車体色はシルバーとホワイトが1台ずつ。ほかに「SZ-R」「SZ」の、3仕様がラインナップされる予定だ。RZは3.0リットル直列6気筒ツインスクロールターボエンジン(250kW=340PS)エンジン、SZ-Rは2.0リットル直列4気筒ツインスクロールターボエンジン(190kW=258PS)、SZは2.0リットル直列4気筒ツインスクロールターボエンジン(145kW=197PS)をそれぞれ搭載する。いずれもトランスミッションは8速スポーツAT、駆動レイアウトはFR、乗車定員は2人となっている。

トヨタ スープラに関するニュースまとめ一覧

《ショーカーライブラリー》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/02/20/319306.html/article/2019/02/20/319305.html/article/2019/02/20/319307.html