レイ・フロンティアが三井物産から3億円の資金調達 イードと提携、5Gモビリティを推進

レイ・フロンティア(参考画像)
レイ・フロンティア(参考画像)全 1 枚写真をすべて見る

イードの資本業務提携先で、同社が推進する「iid 5G Mobility」の戦略パートナーでもあるレイ・フロンティアは2月21日、三井物産を引受先とする3億円の第三者割当増資を実施したと発表した。

レイ・フロンティアは、AIを活用した行動情報の分析・調査を行うソリューション「SilentLog Analytics/SDK」、モビリティ分野に特化した「モビリティ・フロンティア」、および、位置情報を活用した統合サービスを提供している。

今回の資本提携を通じ、国内外企業へのSDK提供と行動データの収集・分析サービスを強化するとともに、同データを活用したモビリティ分野を中心とする新たなサービスの開発や、そのための開発人員を強化し、事業展開を加速する。

イードでは、第5次モビリティ革命を支援するアクセラレーターとして、この領域で新たに立ち上がるベンチャー企業や、新たな取り組みを行う企業に対し、情報支援、事業開発支援、マーケティング支援、商品・サービス開発支援、資金調達支援などを行うことを目的として、2017年夏より「iid 5G Mobility」の取り組みを始めている。

これまで、レイ・フロンティアとの「モビリティ・フロンティア」共同開発のほか、ナイルとの業務提携によるマイカー賃貸サービス「カルモ」のリリースや、ジゴワッツとの業務提携によるスマートフォンを車のカギとして使えるようにする「バーチャルキー」(開発中)の展開など、パートナーとの関係も深めている。イードもレイ・フロンティアとの連携を一層強化し、iid 5G Mobilityの事業推進を図っていく。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • CARTUNE(アプリ)
  • バーチャルキー
  • Response VIRTUAL AUTOMOTIVE ENGINEERING EXPO 2020
  • MotorTrend
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ