30周年のマツダ ロードスター、レストアサービス受け入れ強化検討…ノスタルジック2デイズ2019

ノスタルジック2デイズではロードスター30周年を記念する展示が設けられた。
ノスタルジック2デイズではロードスター30周年を記念する展示が設けられた。全 9 枚写真をすべて見る

マツダ『MX-5ミアータ』の初代モデルが、シカゴモーターショーで発表されたのは1989年2月のこと。ちょうど30年前ということになる。

マツダはノスタルジック2デイズ(23~24日、パシフィコ横浜)の会場に自動車メーカーとしては唯一、ブースを構え、ロードスターを持ち込んで来場者と記念すべき節目を祝った。

マツダのNAロードスターレストアサービスはスタートして、3台目を着手しているという。「一台一台コンディションに違いがあり、やらなければならない内容も違います。かかる時間も異なるというのが実情です」とマツダ広報。

もう少し間口を広げ、受け入れ態勢を強化する検討に入っているそうだ。「プロジェクト開始当初、レストア対象車両を厳密に設定し、車両状態も厳しい基準を設けて、受けるかどうかの判断をしました。その結果、受けることができたクルマの数がかなり少なく、基準が厳しすぎたのではないか、と」。

「安請け合いで、メーカーとしてリフレッシュのレベルが下がってはなりません。しかしながら、間口を広げることで、今まで残ってきたNAロードスターを1台でも多く良い状態で残していく。それも大切なことではないか、と考えています」

《中込健太郎》

この記事の写真

/

ピックアップ