秩父鉄道に荒川などをイメージした新ロゴ…ラグビーワールドカップのラッピング列車にも使用 3月2日

左側には「CHICHIBU」の頭文字と列車の車輪をイメージした「C」、右側には荒川の水しぶきなどをイメージした丸印を配し、シンプルに「秩父の表情」を表現した秩父鉄道の新ロゴマーク。人の笑顔もデザインに隠されているという。
左側には「CHICHIBU」の頭文字と列車の車輪をイメージした「C」、右側には荒川の水しぶきなどをイメージした丸印を配し、シンプルに「秩父の表情」を表現した秩父鉄道の新ロゴマーク。人の笑顔もデザインに隠されているという。全 3 枚写真をすべて見る

秩父鉄道は2月25日、新たに制定するロゴマークのデザインを明らかにした。

秩父鉄道は、その前身である上武鉄道が1899年11月に設立されて以来、今年で120周年を迎えるが、新ロゴマークはそれを記念して制定。デザインは沿線の荒川の流れと水しぶき、長瀞の岩畳などをモチーフにしたシンプルなもので、「これからも地域の未来を切り開く鉄道でありたい」という思いを込めたものとしている。

このロゴマークは4月1日から使用を開始する予定だが、それに先立ち、3月2日に登場する「ラグビーワールドカップ2019」のラッピング列車にも使用するとしている。

また、SL列車の『パレオエクスプレス』には「えがおをのせて、その先へ」をキャッチフレーズにした独自の記念ロゴマークが掲出される。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 熊本市電の幹線(A系統)慶徳校前~辛島町を行く0800形超低床電車。「神水・市民病院前」はA系統(健軍町~熊本駅前・田崎橋)とB系統(健軍町~上熊本駅前)の停留場。「上熊本駅前」はB系統の停留場。
  • 追加発売分も同じデザインとなる「タイガースICOCA」:球団旗
  • 建設中の九頭竜川橋梁。2019年6月。橋脚は県道部分と一体で整備されたため、新幹線のすぐ脇を自動車が通る珍しい橋となる。現在、県道の橋は左岸部分のみが着工されている。
  • 十三駅に停車中の阪急9000系電車。
  • 「瀬戸内マリンビュー」に代わって広島地区に投入される新観光列車の内外装イメージ。
  • 車両モニタリングシステムが導入されるJR貨物のEH800形電気機関車。
  • トンネル内での惨事を免れたJR九州の特急『かもめ』。
  • 新宿方面まで顔を見せることになったヨコハマネイビーブルーの相鉄12000系。

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/02/26/319505.html/article/2019/02/26/319504.html/article/2019/02/26/319506.html