秩父鉄道に荒川などをイメージした新ロゴ…ラグビーワールドカップのラッピング列車にも使用 3月2日

左側には「CHICHIBU」の頭文字と列車の車輪をイメージした「C」、右側には荒川の水しぶきなどをイメージした丸印を配し、シンプルに「秩父の表情」を表現した秩父鉄道の新ロゴマーク。人の笑顔もデザインに隠されているという。
左側には「CHICHIBU」の頭文字と列車の車輪をイメージした「C」、右側には荒川の水しぶきなどをイメージした丸印を配し、シンプルに「秩父の表情」を表現した秩父鉄道の新ロゴマーク。人の笑顔もデザインに隠されているという。全 3 枚写真をすべて見る

秩父鉄道は2月25日、新たに制定するロゴマークのデザインを明らかにした。

秩父鉄道は、その前身である上武鉄道が1899年11月に設立されて以来、今年で120周年を迎えるが、新ロゴマークはそれを記念して制定。デザインは沿線の荒川の流れと水しぶき、長瀞の岩畳などをモチーフにしたシンプルなもので、「これからも地域の未来を切り開く鉄道でありたい」という思いを込めたものとしている。

このロゴマークは4月1日から使用を開始する予定だが、それに先立ち、3月2日に登場する「ラグビーワールドカップ2019」のラッピング列車にも使用するとしている。

また、SL列車の『パレオエクスプレス』には「えがおをのせて、その先へ」をキャッチフレーズにした独自の記念ロゴマークが掲出される。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 梁川駅(資料画像)
  • 現在、4系統が集中する広島駅停留場へのルート。車の通行や信号待ちなどで停留場への進入に時間を要している状況。
  • とさでん交通(資料画像)
  • 被災した北陸新幹線(10月14日、長野県)
  • 復旧作業現場の様子。
  • 運転体験会の様子。
  • 9月30日を最後に和歌山線での運用を終えた105系。
  • 「はまなす」色の編成。車体は現行のキハ261系1000番代に準じたもの。「はまなす」色が先に登場する予定。

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/02/26/319505.html/article/2019/02/26/319504.html/article/2019/02/26/319506.html