マクラーレン 600LTスパイダー、MSO がカスタマイズ…ジュネーブモーターショー2019で発表へ

マクラーレン 600LT スパイダー MSO
マクラーレン 600LT スパイダー MSO全 11 枚写真をすべて見る

マクラーレンオートモーティブは、3月にスイスで開催されるジュネーブモーターショー2019において、マクラーレン『600LTスパイダーMSO』(McLaren 600LT Spider MSO)を初公開すると発表した。

マクラーレン『600LTスパイダー』は、マクラーレン『570Sスパイダー』をベースに、さらなる高性能を求めて、パワフルなエンジンを軽量ボディに組み合わせたモデルだ。車名の「LT」とは「ロングテール」を意味し、伝説的なレーシングカー、マクラーレン『F1 GTRロングテール』に由来する。

マクラーレン600LTスパイダーでは、3.8リットルV型8気筒ガソリンツインターボエンジンにチューニングを施した。冷却システムに改良を施し、エキゾーストシステムの背圧を低減するなどして、最大出力600ps、最大トルク63.2kgmを獲得する。トランスミッションは7速「SSG」で、0~100km/h加速2.9秒、最高速324km/hの性能を備える。

ジュネーブモーターショー2019で初公開されるマクラーレン600LTスパイダーMSO は、600LTスパイダーをベースに、マクラーレンのビスポーク部門、「MSO」(マクラーレン・スペシャル・オペレーションズ)が特別なカスタマイズを行った。

マクラーレン 600LT スパイダー MSOマクラーレン 600LT スパイダー MSO

ボディをダブグレーで塗装。ネイピアグリーンのアクセントを添えた。フロントリップスポイラー、サイドシル、リアのディフューザーなどのエアロパーツは専用仕上げとなる。サテン仕上げのビジュアルカーボンファイバーを各部に採用。10本スポークの超軽量鍛造アルミホイールはグロスブラック仕上げ。リトラクタブルハードトップはMSOのオーダーメイドのカーボンブラックとした。

インテリアには、カーボンファイバートリムとアルカンターラを使用する。マクラーレン『セナ』用に開発された超軽量カーボンファイバーレーシングシートも、オプションで装備できる。コネクティビティも追求。サーキットでの走りを楽しめるように、「マクラーレン・トラック・テレメトリー」(MTT)と3台のカメラシステムを搭載している。

マクラーレン 600LT スパイダー MSOマクラーレン 600LT スパイダー MSO

《森脇稔》

【画像】マクラーレン 600LTスパイダー、MSO がカスタマイズ…ジュネーブモーターショー2019で発表へ(11枚)

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 完成は10年後か 見えてきた外環道東京区間開通 陥没事故の工事区間に動きが
  2. 撤退したはずのフォード 今でも正規並みのサービスで新車購入が可能という事実
  3. 新型「ランドクルーザー」の納期はなぜ長いのか あの地域との深い関係とは
  4. 【トヨタ ランドクルーザー 新型試乗】乗り心地に懐かしさも、やっぱり個性的な車は楽しい…九島辰也
  5. マツダ CX-5 改良新型、新写真を公開…欧州仕様[写真35点]
  6. レンジローバー スポーツ SVR、トヨタ プラド とチェイス…『007』最新作
  7. トヨタ RAV4 に2022年型、新LEDライトで表情変化…欧州で先行発表
  8. 運転免許の有効期限延長、対象を拡大---12月28日までの免許
  9. 先進技術をモノにしたアルファ ロメオ『ステルヴィオ』は、世のSUVと一線を画すグランドツーリングSUVだPR
  10. 9月17-18日は要注意…台風14号接近で山陽新幹線などが運休の可能性
ランキングをもっと見る