2019年度下期開業「相鉄・JR直通線」に加算運賃…普通運賃で30円増

2018年12月、搬入先のかしわ台車両センターへ向けて羽沢横浜国大駅付近を通過する「相鉄・JR直通線」用12000系電車の第一陣。
2018年12月、搬入先のかしわ台車両センターへ向けて羽沢横浜国大駅付近を通過する「相鉄・JR直通線」用12000系電車の第一陣。全 3 枚写真をすべて見る

相模鉄道(相鉄)は2月26日、2019年度下期の開業を予定している「相鉄・JR直通線」(西谷~羽沢横浜国大間2.1km)の上限運賃を国土交通大臣に申請した。

同線では、新線建設に要した設備投資費用などを回収するため、新線内または新線内と他の区間とを跨って利用する場合に加算運賃が適用されることになった。

加算額は普通運賃で30円、定期運賃が通勤1カ月で1140円、通学1カ月で430円となる。

これにより、切符購入による普通運賃は、羽沢横浜国大~西谷間の場合180円、羽沢横浜国大~横浜間の場合230円となる。JR線へ跨る場合は双方の運賃を合算した額となり、海老名~東京間の場合860円、湘南台~東京間の場合910円となる。

海老名~東京間では現行の小田急電鉄とJRとの乗継ぎに比べて160円、湘南台~東京間では現行の横浜経由でJRへ乗り継ぐ場合に比べて90円それぞれ割高となる。

なお、開業までに消費増税が実施される場合は、増税分相当の額を加算する変更認可申請を行なう予定としている。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV