ルノーEV販売、欧州で20万台に到達…4年連続でEV最量販ブランドに

ルノーのEVラインナップ
ルノーのEVラインナップ全 7 枚写真をすべて見る

ルノーグループ(Renault Group)は2月26日、EVの欧州市場における累計販売台数が20万台に到達した、と発表した。

ルノーは2011年、欧州市場にEVを投入した。2018年のEVの販売台数は新記録となるおよそ4万9600台で、前年比は36.6%増と大きく伸びた。

販売の主力は、EVコンパクトカーのルノー『ゾエ』だ。2018年は欧州で3万9458台を販売した。前年比は26.1%増と2桁増を達成する。このうち、フランスでは1万8011台を売り上げる。

また、商用EVでは、『カングー』のEV仕様、『カングーZ.E.』が2018年、欧州で8747台を売り上げた。前年比は105.1%増と大幅に増えている。このうち、フランスでは4176台を販売した。

この他、超小型のシティコミューターEVとして、『トゥイジー・クアドリサイクル』、中型商用EVの『マスターZ.E.』をラインナップしている。

ルノーグループによると、ルノーの欧州EV市場におけるシェアは56.8%。4年連続で、欧州EV最量販ブランドの地位を確保した、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ルノー・トゥインゴ Z.E.
  • カングーでひと足先に初夏の箱根をドライブしてみた...伊藤梓
  • 業績が悪化しているルノー。写真はトゥインゴ
  • ルノー・ゾエ 新型
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(左)と現行モデルのT6(右)を捉えたスクープ写真

ピックアップ